« またこんなマンガを買って! | トップページ | 「また、つまらぬ物を買ってしまった」 »

2009年5月 1日 (金)

「特定調停申請」受付終了。

簡易裁判所に「特定調停」を申請しました。

書類は受理されて、印紙代などを払いました。

1週間から10日くらいで、裁判所から

「調停をする日」の連絡が来ます。


一応、借りた債務は返済する方向で、

カード会社と話し合いをします。

残債は、約209万円。

これを3年から5年で返済するわけですが、

ちょっと難しい。


特定調停は、あくまで債権者との話し合いですが

交渉が決裂したら、次は「破産宣言」となります。

これは、弁護士を雇わねばならなくて費用もかかります。

しかし、債務は、認可されたら返済しなくていいのです。

一見すると破産の方が「後腐れがない」ように見えますが、

社会的信用を失い、7年間、日陰者になります。

カードが使えないだけでなく没収されて、

作る事もできなくなります。


もっと思い残債整理に「個人再生」がありますが、

これは弁護士費用は20万円以上必要で、

ほとんどの財産を整理されて手放すことになります。


広島では、中堅の不動産会社が倒産して、

羽振りの良かった人が、不良債権者となって、

かないイタイ処分の話をとなりでしていました。


なんとか「特定調停」できれば、

差し押さえは免除になります。

ただ、過払いの金利の扱いがどうなるのか、

還付金があるのか、シロウトのわたしには

ぜんぜんわかりません。


今は、誠実に働いて、支払いを調整してもらい、

一日でも早く返済して、自由の身になることが目標。


いちおう、「生活費」「小遣い」「ガソリン代」「携帯電話代」を

計上しているので、『もっと削って借金に回せ』と

言われたら、とても困った事になりますが、

裁判所の職員さんに質問したら、

収入の半分近くを返済に充てているので、

たぶん、認可されるでしょうと言われました。


ご利用は計画的にと言われていますが、

計画的にしても、変動リボ払いは、

絶対に避けるべきで、手を出したのが

失敗の始まりでした。


これからも調停の記事を書きます。

わたしを反面教師にして、

みなさんには、まっとうな人生を歩まれる事を

過ごして頂ければ幸いです。

« またこんなマンガを買って! | トップページ | 「また、つまらぬ物を買ってしまった」 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« またこんなマンガを買って! | トップページ | 「また、つまらぬ物を買ってしまった」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

初音ミク

めいぷりてぃ

最近のトラックバック

最近のコメント